パーキンソン病とコビッドの関係:イタリア神経学会は明快さを提供します

27月19日の国立パーキンソン病の日に、イタリア神経学会(SIN)は、この病気とCovidXNUMXとの関係を分析します。

2020年初頭の最初のパンデミック波以来、コロナウイルス-19(COVID-19)によって引き起こされる重度の急性呼吸器疾患は、神経分野、特にその潜在的な悪影響を具体的に評価することを目的として、多くの科学的研究の対象となっています。パーキンソン病やその他のパーキンソン病(非定型および不特定のパーキンソニズム)などの慢性神経変性疾患との関連で。

パーキンソン病の患者はCovid-19に感染する可能性が高くありません

パーキンソン病やその他のパーキンソン症候群の人がCOVID-19に感染するリスクは、一般の人々と変わらないと考えられています」とイタリア神経学会のアルフレド・ベラルデッリ会長はコメントしています。

最近の研究とメタ分析の証拠は、COVID-50に感染した後のこれらの患者の入院(約10%)と死亡(約19%)のリスクは、主に年齢に依存し、一般的に進行しており、可能性があることを示しています併存疾患」。

一方、COVID-19の間接的な影響は、運動が制限されている期間に医療や理学療法のケアにアクセスするのが困難であり、場合によっては利用できないなど、重大でした。パーキンソン病とパーキンソニズム、COVID-19に感染していない人でさえ。

「今日入手可能な科学的証拠は、パーキンソン病やその他のパーキンソン症候群の人々にCOVID-19ワクチンを使用することを禁忌としないことを強調することが重要です(Berardelliは結論付けています)。

このため、すべての患者に予防接種を行うことをお勧めします。

National Parkinson's Dayは、イタリア神経学会の会員であるLimpe-Dismov Academy(イタリアのパーキンソン病の主要な科学協会)と、Limpe Foundation for Parkinson's DiseaseOnlusが主催しています。

パーキンソン病は神経変性疾患であり、現在世界中で5万人が罹患しており、そのうちイタリアだけで300,000万人以上が罹患しており、平均して約60歳で発症します。

この数は我が国で増加する運命にあり、今後15年間で毎年6,000の新規症例が発生し、その半分は労働年齢で発生すると推定されています。

病気の診断は本質的に臨床的であり、症状に基づいています。

脳MRIや血液化学検査などの機器検査は、同様の症状を持つ疾患を除外するのに役立ちます。

診断の確認は、SpectやPetなどの特定の検査から行うことができます。

また、 

認知症、パーキンソン病のCOVID-19に関連する高血圧

COVID-19後のパーキンソン病のリスク:オーストラリアの研究

パーキンソン病:特定された疾患の悪化に関連する脳構造の変化

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう