Kluge(WHOヨーロッパ):「オミクロンピーク近くのイタリア、コビッドから逃れることはできません」

Klugeは、ヨーロッパ人の50%がXNUMX月までにオミクロンに感染することを確認しています。イタリアは感染率のピークに近づいています

CovidおよびOmicronバリアントのKluge(WHOヨーロッパ)

「SARS-Cov2から逃れることはできません。オミクロン変異体の感染率が非常に高いため、ワクチンまたは自然感染によって免疫が達成されます。

予防接種を受けた人は深刻な病気を発症したり死亡したりする可能性が10分のXNUMXであるため、予防接種を決定することが重要です。

確かに、オミクロンの亜種には無症候性の症状がありますが、ワクチン接種を受けていない個人では、他の波で何が起こったのかがわかります。

従うべき軌道は、ワクチン接種、XNUMX回目の投与、マスク、モニタリング、および抗ウイルス薬へのアクセスです。

これらは、Rai3のpiùにあるMezz'oraに対するWHOヨーロッパ地域ディレクターのHansKlugeの言葉でした。

Klugeは、50月までにヨーロッパ人の40%がオミクロンに感染することを確認しています。入院、集中治療、医療従事者の伝染。

綿棒と検疫のプロトコルを再評価することが重要です。」

イタリアは「オミクロン波のピークに非常に近づいています」とクルーゲは結論付けています。「XNUMX〜XNUMX週間以内に、それから衰退し始めます。

また、

緊急ライブさらに…ライブ:IOSとAndroid用の新聞の新しい無料アプリをダウンロード

ファイザー:「XNUMX月に準備ができたオミクロン変異体に対する新しいワクチン」

キプロスで特定されたCovid、Deltacronバリアント:DeltaとOmicronを組み合わせる

Covid、今日186,253イタリアでの新しい症例。 死亡と集中治療室への入室の増加:360時間で24

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう