今日ローマで開催されたグローバルヘルスサミット:ワクチン特許とアフリカの自主的ライセンス供与に焦点を当てる

グローバルヘルスサミットは本日ローマで開催されます。 「アフリカ全土で公的および民間の関係者と大陸諸国の政府が関与するCovid-19ワクチンの生産センターを開発するイニシアチブ」は、欧州委員会委員長のウルズラフォンデアライエンによって、今日のローマ

これは、グローバルヘルスサミットに備えた記者会見中に欧州連合の情報筋によって発表されました

フォンデアライエンは、イニシアチブに「詳細」と「コミットメントのレベル」の両方を提供します。

ブリーフィングの中で、会議の参加者(20か国、12の国際機関、および健康保護の主要な世界的プレーヤー)が、ローマ宣言と呼ばれる文書を承認することが指摘されました。世界の指導者がどのように集まって、将来の健康危機を防ぐために具体的な何かをすることができるかについての具体的なデモンストレーション」。

「多国間主義が健康のために何ができるかを祝う」ことでもある「非常に強い信号」。

グローバルヘルスサミット、16の原則:

本文は「16原則」に基づいています。 EUの情報筋によると、浮かび上がる「XNUMXつの重要なメッセージ」には、「現在のグローバルヘルスアーキテクチャと世界保健機関の役割の完全な認識」(WHO)と「国際的な医療従事者の創出に投資する」必要性が含まれます。 」。

この文書で取り上げられている点の中に、EU筋が指摘しているように、Covid-19ワクチン特許の知的財産の免除に関するものもあります。

後者は「ワクチンの生産能力を強化する上で基本的な役割」を持っていると認識されていました。

宣言はまた、世界貿易機関(WTO)が推進する知的所有権に関するトリップ協定は、「血清の現地生産能力を強化し、それを妨げないようにする必要がある」ことを強調しています。

ただし、「強制実施権」に関しては、「合意に沿って、合意された枠組みの範囲内で」実施する必要があり、常に「自主的免許と知識の移転を支持し、常に自主的であり、特許」。

OKONJO-IWEALA(WTO):「バランス特許とアクセス」。

「ワクチンへの不平等なアクセスという容認できない問題を解決する」という妥協点を見つけることは可能であるだけでなく、「世界の国々の間での商業的成長の収束と格差の縮小を確実にするのを助ける」ために必要です。

これは、昨日の欧州議会の国際貿易委員会への仮想演説の中で、世界貿易機関(WTO)の事務局長であるンゴジオコンジョイウェアラによって述べられました。

抗コロナワクチンの一時停止を要求した国は、「XNUMX月末までに予定されている」新しい申請書を提出できますが、それまでの間、最も不利な立場にあるワクチンへのアクセスの必要性のバランスをとる代替ソリューションを見つける必要があります国と知的財産の保護。

第一に、「輸出制限に終止符を打つ必要がある」と彼女は言った。それはパンデミックの開始時の109から51に落ちていたが、「それでも多すぎる」。

第二に、「生産能力を増強し、分散化する必要があります」。

最後に、「技術とノウハウを移転するためのより柔軟なメカニズムを確保し」、「研究とイノベーションを保護しながら」、必要としている国が生産能力を向上させるのを支援します。

また、

ワクチン革命、米国とEUは特許停止について開放します。 WHO:「これは素晴らしい瞬間です」

Covid-19、南アフリカ、インドから世界貿易機関(WTO)へ:ワクチンに関する特許なし

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう