イタリアのCovid、Gimbeの監視:感染、入院、死亡の増加

イタリアのCovid:Gimbe Foundationによる独立したモニタリングでは、新規症例の増加(86,412対69,060、つまり+ 25.1%)と死亡の増加(498対437、つまり+ 14%、そのうち14は前の期間に関連)を示しています。前の週と比較した24年30月2021-XNUMX日の週

現在陽性の症例(194,270対154,510、+ 39,760、すなわち+ 25.7%)、自宅隔離中の人々(188,360対149,353、+ 39,007、すなわち+ 26.1%)、症状を伴う入院(5,227対4,597、+ 630、すなわち13.7%)および集中治療(683対560、+ 123、すなわち+ 22%)。

イタリアのCovid状況:GimbeFoundationの会長による分析

GimbeFoundationの会長であるNinoCartabellottaは、次のように述べています。 22月7日に2,456に。

ウイルス循環の増加は、検査を受けた人に対する陽性の比率の増加(3.6%から17.1%)、分子緩衝液に対する陽性の比率(2.4%から7.2%)、および急速な抗原緩衝液に対する陽性の比率(0.07から)によって記録されます。 %から0.38%)。

すべての地域で、新しい症例の割合が増加しました。アブルッツォ州とウンブリア州の3.2%からマルケ州の39%に増加しました。

98の州では、発生率は住民50万人あたり100,000例以上であり、16の地域では、すべての州がこのしきい値を超えています。アブルッツォ、カラブリア、カンパニア、エミリアロマーニャ、フリウリベネチアジュリア、ラツィオ、リグーリア、ロンバルディア、マルシェ、モリーゼ、ピエモンテ、シチリア、トスカーナ、ウンブリア、ベネト。 32の州では、住民150万人あたり100,000件以上の症例があります:トリエステ(635)、ボルツァーノ(552)、ゴリツィア(496)、リミニ(362)、トレビソ(342)、フォルリ・チェゼーナ(321)、パドヴァ(321) 、ヴェネツィア(300)、ヴィチェンツァ(298)、アオスタ(286)、ポルデノーネ(252)、ラヴェンナ(245)、アスコリピチェノ(234)、インペリア(233)、ウディネ(219)、ボローニャ(213)、ロヴィーゴ(213 )、ベッルーノ(209)、ペザロとウルビーノ(203)、フェルモ(200)、フェラーラ(192)、トレント(188)、ヴェローナ(184)、ヴィテルボ(177)、ヴァレーゼ(176)、ヴェルバーノ-クシオ-オッソラ( 164)、クレモナ(164)、ローマ(161)、ジェノヴァ(160)、モンツァとブリアンザ(157)、アンコナ(155)、コモ(151)。

死亡者数は増加傾向にあり、過去498日間で14人であり、そのうち71人は前の期間に関連しており、前週の62人と比較してXNUMX日あたりの平均はXNUMX人です。

イタリアでのCOVID:ベッドが占有されている

GimbeFoundationの医療サービス研究責任者であるRenataGiliは、次のように述べています。 '病院の前では、Covid患者が占めるベッド数がさらに増加し​​ています。前週と比較して、医療分野と集中治療の13.7%の増加」。

全国レベルでは、23月9日現在、占有率は医療エリアで8%、救命救急エリアで15%であり、地域によって大きな違いがあります。医療エリアで10%、救命救急で20%のしきい値です。ボルツァーノの自治州(医療エリアでそれぞれ11%、救命救急エリアで23%)とFriuli-Venezia Giulia(医療エリアで14%、救命救急エリアでXNUMX%)の両方で面積を超えています。それぞれ)。

さらに、医療エリアでは、Valle d'Aosta(21%)がしきい値を上回っていますが、クリティカルエリアでは、Lazio(10.3%)とUmbria(13%)がしきい値を上回っています。

GimbeFoundationの運営責任者であるMarcoMostiは、「集中治療への毎日の入院は増え続けています。7日間の移動平均は前週の48入院/日から56になりました」と報告しています。

イタリアでのCOVIDワクチン接種

ワクチンの分野では、102,127,530月1日時点で06.15回の投与が行われていました(XNUMXに更新)。

モスティ氏は、「過去433,000日間の供給量がわずか6.1回であることを考慮すると、現在のXNUMX回投与のペースでmRNAワクチンの在庫がXNUMX万回に減少した」と述べています。

投与に関しては、1月06.15日(79.7に更新)の時点で、人口の47,226,119%(297,415)が少なくとも77.1回のワクチン接種を受けており(前週と比較して+45,683,073)、247,367%(XNUMX)がワクチン接種を完了しています。サイクル(前週と比較して+XNUMX)。

先週、投与回数は増加し(No. 1,984,561)、7日間の移動平均は306,445回/日でした。52.5回目の投与が開始され(前週と比較して+ 34.7%)、最初の投与が再び行われました。上昇中(前週と比較して+ XNUMX%)。

1月12日から400日までのコミッショナーの構造によって設定された目標と比較すると、450月350日以降、24日の投与量が平日は着実に300万を超えています。

休日に300万の政権に達する可能性は低い:実際、先月の日曜日には、政権が100万をわずかに超えていた28月150日を除いて、政権がXNUMX万に達することはなかった。

新たにワクチン接種されたものに目を向けると、約127,000で168,377週間安定した後、先週、新たにワクチン接種された数は31.5(+ XNUMX%)に増加しました。

しかし、ワクチン未接種の6.8万人のうち、2.57つのグループの成長が遅すぎるため、懸念が生じています。50つは、深刻な病気や入院のリスクが高い1.16歳以上の12万人、もう19つは深刻な病気や入院のリスクが高いことです。 、XNUMX-XNUMXブラケットでXNUMX万、これは学校の安全に悪影響を及ぼします。

カバレッジを分析すると、ワクチンを少なくとも97.4回接種した人は、年齢層によって大きく異なります。80歳以上の76.6%から12〜19歳のXNUMX%までです。

同じことが52.1回目の線量にも当てはまり、80歳以上で20.2%に達しましたが、70〜79歳のグループでは16%、60〜69歳のグループではXNUMX%にとどまっています。

GimbeFoundationは有効性にも焦点を当てています。

イタリア国立衛生研究所のデータは、一次サイクルの完了から6か月後にワクチン有効性が低下することを確認しており、追加免疫の必要性を確認しています。

詳細:診断の有効性は、平均して72.5か月以内にワクチン接種された人の6%から40.1か月以上ワクチン接種された人の6%に低下します。 重度の疾患に対する有効性は、91.6か月以内にワクチン接種された患者の6%から80.9か月以上ワクチン接種された患者の6%に平均して低下します。

イタリアでのCOVIDワクチンのXNUMX回目の投与

第1章の投与量。 06.15月6,543,004日(7に更新)に250回のXNUMX回目の投与が行われ、移動平均はXNUMX日間で、XNUMX日あたりの投与量はXNUMX万回を超えています。

1月20,548,124日の臨時委員会の公式リポジトリで、8回目の投与(n。3)の聴衆は、11月25日の大臣回覧の指示に従って(追加投与または追加免疫で)ワクチン接種されたすべての人々を追加することによって更新されました。 XNUMX月、XNUMX月XNUMX日、XNUMX月XNUMX日。

公式人口で計算された31.8回目の接種の全国予防接種率は21.6%であり、地域によって明確な違いがあります。フリウリベネチアジュリアの44.5%からモリーゼのXNUMX%までです。 最後に、Omicronバリアントにスペースが与えられます。

バリアントB.1.1.529は、世界保健機関によってオミクロンという名前が付けられており、多数の変異が存在するため、懸念のバリアントとして分類されています。

しかし、これまでのところ、入手可能なデータでは、デルタと比較して、オミクロン変異体がより伝染性が高く、より重篤な疾患を引き起こし、再感染する可能性が高く、ワクチンに対する免疫応答を低下させる可能性があるかどうかを知ることができません。

最後に、Cartabellottaは、不確実性のこの段階では、最大限の予防策の原則に従って、すべての介入を強化する必要があると説明しています。

特に、Gisaidデータベースで結果を共有することでシーケンス活動を増やし、症例追跡を強化し、発生率が急速に増加している領域を注意深く監視する必要があります。

人口にとって、すでに知られている行動は基本的なままです:ワクチン接種を受け、必要に応じて2回目の接種を受け、高齢者と虚弱者を最優先し、閉鎖された環境でマスクを使用します。混雑している場合はFFPXNUMXを使​​用し、社会的距離を尊重し、部屋を頻繁に換気します。 。

また、

エマは5〜11歳の子供のためのファイザーワクチンを承認します

Covid、婦人科医: '妊娠中の女性に推奨されるXNUMX回目の投与。 リンパ節と周期? 一時的な変更」

Covid、WHO:「2月XNUMX日までにヨーロッパでXNUMX万人が死亡」。 集中治療のためのアラーム

Covid、Cooke(Ema):「オミクロンバリアントの緊急時対応計画があります」

Covid、Von Der Leyen:「強制予防接種について話し合う時が来ました」

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう