ロングコビッド、永続的な障害で日本で治癒したものの半分

ロングコビッド:最も影響を受けた30〜50歳の人々

日本、ロングコビッドデータ

東京都世田谷区の医療機関が最近行った調査のデータによると、Covid-48.1から完全に回復した後でも、観察された9,000人の19%が持続的な嗅覚障害と急性倦怠感に苦しんでいます。

調査は、重度の症状と軽度または無症状の両方を発症した人々を含む、人口の大規模なサンプルを対象としました。

年齢層別に見ると、最も影響を受けているカテゴリーは30〜50歳で、その割合は50%を超えています。

また、

小児科/呼吸困難、咳および頭痛:子供における長いCovidサインのいくつか

ロングコビッド、神経胃腸病学と運動性の研究:主な症状は下痢と無力症です

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう