教皇フランシスコからビッグファーマへ:「抗コビッドワクチンの特許を自由化する製薬会社」

ポンティフは「ビッグファーマ」の多国籍企業に「すべての人間がワクチンにアクセスできるようにする」ように求めています

「大規模な研究所には、特許を自由化させてください。 人類の身振りをして、すべての人間がワクチンにアクセスできるようにします。」

これは、教皇フランシスコがツイッターで、ビッグファーマの多国籍企業に彼らの抗コビッド血清の「秘密」を共有するように頼む方法です

ポンティフによれば、ワクチン接種キャンペーンをスピードアップする必要があります。ワクチン接種キャンペーンはXNUMXつの速度で進行し続けます。西部では高速で、人口の大部分を免疫し、多くの国がXNUMX回目の接種を開始し、多くのバイアルが使用されています。管理されるのを待っているハブにとどまります。 貧しい国々、特に大多数の人々が最初の服用すら受けていないアフリカでは遅い。

そして、政府は断固としてワクチンを接種していない少数派を説得しようとしますが、投与量が不足しているため、人々は選択すらできません。

最近、欧州連合と米国は、70年までに世界人口の2022%を免疫することを目的とした協定に署名しました。

そして、イタリアのマリオ・ドラギ首相でさえ、G20議会サミットで国際協力を促した。 今、「ビッグファーマ」への教皇の新しい魅力。

また、

教皇フランシスコがホームレスと貧しい人々に救急車を寄贈

ノーベル賞受賞者のジョルジョ・パリシのXNUMX回目の投与:「予防接種への恐れは不合理です」

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう