Covid、WHO:「私たちの目標は、70年半ばまでに世界の人口の2022%に予防接種を行うことです」

コビッド、世界保健機関(WHO)局長テドロスアダノムゲブレイエス「世界におけるワクチン投与量の分布について」

「私たちの共通の目標は、来年の半ばまでに「各国の人口の70%を」コビッドに対して予防接種することでなければなりません。

それを達成するには、コミットメント、準備、スキルが必要です。 しかし、賞は命を救い、持続可能な世界の回復になります。」

これは、世界保健機関のテドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長が、オリンピックの際に東京で開催された第138回IOCセッションでの演説で述べたものです。

OMS:「COVIDワクチンの配布については、世界で恐ろしい不当を行っています」

「これまでに、3.5億回以上のCovidワクチンが世界中で投与されており、1人に4人以上が少なくともXNUMX回のワクチン接種を受けています。

これは朗報のように聞こえるかもしれませんが、実際には恐ろしい不正を覆い隠しています。ワクチンの75%が10か国でのみ投与されたのに対し、低所得国では、半数以上の人々と比較して、少なくとも1回の投与を受けたのはわずかXNUMX%でした。高所得国で」とGhebreyesusは説明しました。

さらに、「最も裕福な国のいくつかは、現在、人口のXNUMX番目のブースターについて話し合っていますが、世界の他の地域の医療従事者、高齢者、およびその他の脆弱なグループは、これを欠いています」。

その後、ゲブレイエスはIOCセッションに出席した理由を次のように説明しました。「オリンピックには、他のどのイベントよりも、世界を団結させ、刺激を与え、何が可能かを示す力があります。

そして、他のどのイベントよりも、彼らは世界中の人々の注目を集めています。それが私が来た理由です。」

世界では「4万人以上が亡くなり、さらに多くの人が亡くなり続けています。 すでに今年、死者の数は昨年の合計のXNUMX倍以上です。

私が話しているように、100人以上が命を落とし、今から8月100,000日までの間に、オリンピック聖火が消えると、さらにXNUMX万人が亡くなります。

そして、何百万人もの生存者が、Covidのせいで長期的な健康への影響に苦しみ続けています。」

WHOの総局長によると、「酸素を含むCovidに対するワクチン、検査、治療法を世界的に共有できなかったことが、ツイントラックのパンデミックを助長している」とのことです。

「貧しい人々が閉鎖している間、金持ちは開放している」と彼は言った。

この不一致が長引くほど、パンデミックが長引くため、社会的および経済的混乱がもたらされます。

このパンデミックの悲劇は、ワクチンが公平に配布されていれば、今では制御できていたかもしれないということですが、最初の生産と配布の歪みが後に不平等を増幅させました。

誰が:「COVIDパンデミックが終わったと思う人は誰でも愚か者の楽園に住んでいます」

「コビッドのパンデミックが終わったと思う人は誰でも、彼らが住んでいる場所は愚か者の楽園に住んでいるからです。

ワクチンは強力で不可欠なツールですが、世界はそれらをうまく使用していません。」

これは、世界保健機関のテドロス・アダノム・ゲブレイエス総局長が、オリンピックの際に東京で開催されている第138回IOCセッションでのスピーチで述べました。

そのため、「パンデミックが始まってから19か月後、最初のワクチンが承認されてから7か月後、私たちは今、感染と死亡の次の波の初期段階にあります」と付け加えました。

「Covid-19パンデミックは、世界がそれを終わらせることを選択したときに終わります。

それはすべて私たちの手にあり、私たちは必要なすべてのツールを持っています:私たちはこの病気を予防し、診断し、そして治療することができます。

パンデミックを終わらせることを選択できます。」

これは、オリンピック期間中の東京でのIOCの第138回会期での演説で、世界保健機関の局長であるテドロスアダノムゲブレイエスによって述べられました。

また、

EmaがSanofiPasteurのワクチンVidprevtynの評価手順を開始

Covid:「イプシロンバリアントに注意してください。免疫された人でも感染のリスクがあります」

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう