赤十字赤新月社:COVID-19ワクチンへのアクセスを増やすために、新しい特別な手順が必要であり、今すぐ必要です

Covid-19ワクチンへのアクセス:国際赤十字および赤新月社運動は、世界中のCOVID-19ワクチンへのアクセスにおける明白な不平等の解決に向けてはるかに迅速に行動するよう州および製薬会社に求めています。 COVID-19ワクチンの生産と流通を増やす方法について今すぐ合意する必要があります

世界的大流行の異常な時代は、国際社会からの異常な措置を要求します。 我々は、国間および国内の両方でCOVID-19ワクチンの生産、流通、および公平なアクセスを促進するためのすべての可能な措置を検討し、誰も取り残さないようにすることを国に奨励する。

これには、世界貿易機関(WTO)の傘下で、世界中のワクチン生産の急速な拡大に対する知的財産およびその他の障壁に関連する交渉を加速することが含まれます。

さらに、製薬会社は必要な技術と知識を共有するためにさらに手を差し伸べる必要があります。そして、そうするために必要なインセンティブとサポートを提供するよう州に呼びかけます。

Covid-19ワクチンへのアクセス、フランセスコ・ロッカ大統領の声明

「100年で最悪のパンデミックの真っ只中で、COVID-19ワクチンの知的財産権放棄は、私たちが必要とする規模と速度でアクセスの不平等に対処するために必要な政治的コミットメントです。

国際赤十字赤新月社連盟(IFRC)の会長であるフランセスコ・ロッカは、次のように述べています。

今後6か月間、交渉に行き詰まる余裕はありません。 また、特に現在COVID-19の症例が急増している国では、より公平な配布を確保するために、既存のワクチン在庫の共有を加速するよう政府に要請します。

今月の時点で、世界で最も貧しい50か国が、世界で投与される線量の2%を占めています。 そして、最も裕福な50か国は、最も貧しい27か国の50倍の割合でワクチン接種を受けています。

アフリカは世界人口の14%を占めていますが、投与量の1%しか占めていません。[1] これは道徳的に間違っているだけでなく、あらゆる場所でより伝染性で致命的な変異のリスクを高め、世界経済に不必要な負担をかけます。

Covidワクチンへの平等なアクセス、PeterMaurerの声明

「公平なアクセスのボトルネックを克服するには、すべてのオプションを検討する必要があります。

これには、既存のワクチン投与量の世界的な分布の改善、技術の移転、製造能力の増強が含まれます。

公平なアクセスに特効薬はありません。 赤十字国際委員会(ICRC)の会長であるペーター・マウラーは、次のように述べています。

ワクチンへのより広範なアクセスには、コミュニティレベルの提供と社会的動員およびコミュニティの理解と受容をサポートするためのつながりも必要です。

このパンデミックの課題は世界中で感じられているため、これは世界のすべての国で重要ですが、常に最前線にいる人々にとってはさらに重要です。

低所得環境、武力紛争の影響を受けている状況、および国の管理外の地域にいる人々は、難民、移民、被拘禁者、およびその他の十分なサービスを受けていない人々を国の予防接種計画に含めるべきであり、忘れてはなりません。

国際赤十字赤新月社運動は、ウイルスの拡散を抑制し、予防接種を提供する政府の取り組みを支援するために、192か国で継続されます。

私たちの役割は、「ラストマイル」の人々に到達し、COVID-19への人道的対応の原動力としてコミュニティに継続的に力を与えることです。

また、

ワクチン革命、米国とEUは特許停止について開放します。 WHO:「これは素晴らしい瞬間です」

Covid効果、世界中の貧しい人々のケアへのアクセスの減少:グローバルファンドレポート

Covid-19、Cuamm Doctors:「アフリカのワクチンへのアクセスは最も重要な問題のXNUMXつです」

インド、サイクロンタウクテが到着:150,000万人が避難し、赤十字が人口のために、そしてCovidに反対して働いている

ソース:

IFRC公式サイト

あなたはおそらくそれも好きでしょう