イタリア:20月XNUMX日からXNUMX回目のワクチン接種

イタリアでは、ワクチンの20回目の投与は19月XNUMX日に開始されます。 これは、Covid-XNUMX緊急事態担当委員、フランチェスコ・パオロ・フィグリウオロ将軍によって発表されました。

「本日、本保健相との間で会合が開かれた。 ロベルトスペランツァとCovid-19緊急コミッショナー、ジェネラルCAフランチェスコパオロフィグリウオロ」は声明を読みます。

「会議の主題は、Sars-CoV-2 / Covid-19からのより曝露されているか、深刻な病気のリスクが高い特定のカテゴリーへの追加用量と「ブースター」用量の投与でした。

それらは20月XNUMX日から免疫不全の人に投与されます。

ワクチンのXNUMX回目の投与:CTSとAifaの意見に従った決定

スペランザ大臣とフィグリウオロ大臣の両方によって発表された決定は、「アイファとCTSの技術科学委員会によって表明された好意的な意見に続いて」行われる、とフィグリウオロのメモは続けている。

保健省は、対象人口を定義するために地域の技術者とメモを比較する過程にあります。

その結果、コンピュータシステムが更新され、全国で管理を開始できるようになります。

したがって、追加用量のm-RNAワクチン(BioNTech / PfizerおよびModerna)が投与開始に利用できるようになります」と注記は結論付けています。

また、

Mu Variantは広がりますが、「まだ心配するには早すぎます」

母乳育児中の女性とワクチン、小児科医は「効果的で推奨される」と保証します

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう