小児外傷患者における持続性下肢ドレナージ:7 歳児の症例報告

小児外傷患者の持続性下肢ドレナージ: 過去に喘息の病歴がある 7 歳の男性が、自動車事故で複数の負傷を負った。右眼窩の側壁、右眼球後出血および右上顎洞後壁の非転位骨折

小児外傷患者のドレナージ、症例報告のプレゼンテーション

彼は、左股関節脱臼の閉鎖整復、左大腿骨骨折の外部固定、および 7 日後に左大腿骨の外部固定具を除去し、左大腿骨の筋肉下板を除去して、左 left radial radial骨骨折の閉鎖整復および鋳造を行った。

彼は、母親の世話をしている訪問看護師が、左大腿骨の傷が少なくなっていることに気付くまで、最初はフォローアップできなかった.

事故から 4 か月後の彼の整形外科訪問で、彼の身体検査は、左大腿部の切開の XNUMX つに膿性コレクションがあることを意味しました。

彼の残りの身体検査は正常であり、彼はさらなる精密検査のために入院した.

化膿したコレクションは吸引され、最終的には培養陰性でした。

左大腿骨のレントゲン写真では、骨折部位に隆起したカルスが見られました。

彼のバイタルサインには、体温 36.9 °C、脈拍 118 回/分、血圧 105/47 mm Hg、呼吸数 20 回/分、大気中の酸素飽和度 100% が含まれていました。

入院時の彼の実験室での研究は、白血球数 14.9 × 1000/μL (参照範囲 4.0–15.0 × 1000/μL)、69.9% の好中球 (参照範囲 26.0%–77.0%)、17.3% リンパ球 (参照範囲 12.0%) –60.0%)、8.9% 単球 (参照範囲 3.0%–14.0%)、3% 好酸球 (参照範囲 0.0%–10.0%)、0.2% 好塩基球 (参照範囲 0.0%–4.0%) および 0.7% 未成熟顆粒球 (参照範囲範囲 0.0% ~ 3.0%)、高感度 C-反応性タンパク質 (CRP) 39 mg/L (基準範囲 <1.0 mg/L)、赤血球沈降速度 (ESR) 78 mm/h (基準範囲 0 ~ 20 mm/h)。

翌日、彼は手術室 (OR) に運ばれ、最も遠位の切開部内の 2 つの膿の領域と、大腿骨の後ろおよび以前に配置された金属プレート上に追跡される洞管が特定されました。

患部を洗い流し、ハードウェアを取り外し、経験的にオキサシリンの投与を開始しました。

コアグラーゼ陰性ブドウ球菌の2つの異なる分離株を除いて、好気性および嫌気性細菌培養物は陰性であり、プレートから回収されなかったが、4日後にチオグリコレート培養液からのみ成長した.

彼は、オキサシリンからバンコマイシン 15 mg/kg/用量に 8 時間ごとに切り替えられ、最初のトラフ レベルは 6.8 μg/mL になりました。

術後 5 日目に彼の棘ギプスが除去されたとき、左大腿骨の中央部に新しい表面化膿性コレクションが認められ、別のウォッシュアウトが必要でした。

彼は、15 時間ごとに 6 mg/kg/用量に調整されたバンコマイシンを継続して投与し、15 ~ 20 μg/mL のトラフを維持し、最大トラフ レベルは 19.6 μg/mL でした。

XNUMX 日後、縫合糸が除去され、左大腿部の下部および中央の切開部位に再び化膿性のドレナージが見つかりました。

磁気共鳴画像法 (MRI) は、骨髄、隣接する軟部組織、および筋肉浮腫のびまん性領域に加えて、大腿骨から皮膚まで伸びるいくつかの薄い管を示しました (図 1B)。

興味深いことに、彼の炎症マーカーはすべて減少していました (CRP 5.3 mg/L、ESR 25 mm/h、WBC 8.4 × 1000/μL)。

XNUMX 回目の切開と手術室でのドレナージ中に採取された培養により、診断が明らかになりました。

最初の外傷性 MVA から XNUMX 日後、患者は XNUMX 回目の切開と排膿が行われ、元の切開部位、腸脛靭帯下、およびデブリードマンが必要な外側広筋の一部に膿が見つかりました。

いくつかの骨生検および骨からの化膿性液体の培養物を、染色および培養のために収集した。

汚れは、細菌、真菌、抗酸菌生物に対して陰性でした。

膿の 3 つの培養物の 3 つは、3 日間の嫌気性培養後にクロストリジウム ディフィシルの XNUMX コロニー形成単位を成長させました。

これは、Vitek 質量分析法 (bioMérieux) の in vitro 診断データベースを使用した、マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析法によって識別されました。

骨の細菌、真菌、抗酸菌培養物は無菌状態を維持し、非結核性抗酸菌の分子検査は陰性でした。

大腿骨の遠位および中部からの骨生検は、慢性骨髄炎を示しました。

7 日後に MRI を繰り返すと、壊死性物質と化膿性物質に関する大腿骨遠位骨髄内の非増強性領域の増加が明らかになりました。

IV バンコマイシンによる治療を継続したにもかかわらず、彼の炎症マーカーは増加しました: WBC 10.9 × 1000/μL、CRP 42.8 mg/L、ESR 59 mm/h。

手術室に戻って、上切開部の遠位側面にある副鼻腔を壊死組織切除し、膿が骨膜下膿瘍まで続いていることがわかった。

C. difficile の以前の培養陽性のため、経験的なメトロニダゾールが開始され、バンコマイシンが継続されました。

4 つの組織培養物のうち 6 つが、嫌気性培養後に C. difficile を増殖させた。 バンコマイシンは、XNUMX 週間の治療後に改善が見られなかったため、中止されました。

最後の OR 介入から 21 日後の左大腿骨のフォローアップ MRI では、持続的な排液 re f道を伴う慢性骨髄炎が再確認されたが、進行や新たな所見は見られなかった

彼の炎症マーカーは、WBC 6.2×1000/μL、CRP 0.3mg/L、ESR 8mm/hでした。

彼は 3 週間の IV メトロニダゾール療法を完了し、最初の損傷から 188 日後に経口療法に移行しました。

彼は慢性骨髄炎のためにメトロニダゾールの経口投与を続けています。

彼の最後のフォローアップ訪問では、彼の身体検査は重要であり、大腿部の外側の切開部からの膿の排出はそれ以上ありませんでした。

彼は ESR が 25 mm/h とやや上昇し続けましたが、CRP は 0.3 mg/L と正常でした。

彼は、脚を長くして、腐骨の除去を受ける予定です。

Persistent_Leg_Drainage_in_a_Pediatric_Trauma.27 ドレナッジョ トラウマ ペディアトリコ

また、

止血帯または止血帯なし? XNUMX人の専門の整形外科医が人工膝関節全置換術について話します

イタリアのMEDEVAC、重要な患者の輸送における主な合併症と治療?

Pre-Vac、閉鎖創ドレナージ用ポータブル滅菌ボトル

ソース:

ハワード、アシュリー DO*; Rychalsky、Michelle R. PharmD; マレー、トーマス S. MD、PhD*

土井:10.1097 / INF.0000000000003004
あなたはおそらくそれも好きでしょう