ワクチン、サーリーフ(Oms):「XNUMXか月でのCovidワクチンのライセンス供与または特許モラトリアム」

Covidワクチンライセンスまたは特許モラトリアム、Ellen Johnson Sirleaf(WHO):「あなた方の何人かはすでに予防接種キャンペーンを終えようとしていて、過剰な投与量を持っています。 あなたは寄付する立場にあります」

エレン・ジョンソン・サーリーフ、世界保健機関(WHO)が特許モラトリアムに関して設立したパンデミックへの備えと対応のための独立パネルの共同議長

「Covid-19ワクチンの現地生産能力は、自主的なライセンス契約とノウハウの移転を通じて強化する必要があります。

これがXNUMXか月以内に起こらない場合は、血清特許のモラトリアムが必要になります。」

また読む: 今日のローマでのグローバルヘルスサミット:ワクチン特許とアフリカの自主的ライセンス供与に焦点を当てる

これが、エレン・ジョンソン・サーリーフ、共同椅子 世界保健機関(WHO)によって設立されたパンデミックへの備えと対応のための独立パネルのメンバーは、G20加盟国へのアピールを開始しました。

リベリアとアフリカ全土の初の女性大統領であるサーリーフは、主要経済フォーラムのイタリア大統領の主導で、ローマで開催されたグローバルヘルスサミットの開会記者会見で講演しました。

サーリーフは、ワクチンの世界的流通のための「G20のCovid-19ツールへのアクセス促進イニシアチブへの全額出資」は「パンデミックを終わらせるための本質的な貢献」として「達成されなければならない」と述べた。

リベリアの前大統領は、世界で最も裕福な国々に、「GaviアライアンスとCovaxイニシアチブを通じて、92月までに少なくともXNUMX億回分のワクチンを世界の最低所得国XNUMXか国に配布することを支援する」よう求めました。

サーリーフは続けた: 'あなたの何人かはすでにあなたの予防接種キャンペーンを終えようとしていて、余剰用量を持っています。 あなたは寄付する立場にあります。

パネル共同議長はまた、「私たちが直面している危機は、世界を安全に保つために設計された多国間システムを弱体化させた地政学的緊張とナショナリズムの結果である」と述べた。

また、

ワクチン革命、米国とEUは特許停止について開放します。 WHO:「これは素晴らしい瞬間です」

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう