Covid、イタリアの統計は本当ですか? ウイルス学者クリザンティは疑問を投げかけます:「新しい感染が少なすぎる」

Covid、イタリアの統計は本当ですか? ウイルス学者のクリザンティによると、死亡者数は感染者の数と矛盾しており、現在イタリアでは15日20万XNUMX千人からXNUMX万人であると彼は述べています。

「土曜日に私たちが目撃した抗議は、達成された焦り、矛盾したメッセージとパンデミックへのアプローチの結果でもある焦りを目撃している」と彼はラジオ・マリア・クリザンティに語った。

パドヴァ大学の分子微生物学部長であるアンドレア・クリザンティは、Radio24に語った。

ウイルス学者クリザンティ:「矛盾番号」。

クリザンティの場合、矛盾は数字から始まります。「今日のイタリアでは、コビッドによる30日あたりの死亡者数は40〜2人で、新たな症例は3,000〜XNUMX人で、ばかげた数の感染症です」とウイルス学者は指摘します。

「明らかに、ヨーロッパの他のすべての国、そして一般的に世界では、死亡数と症例数の比率が1対1,000であるため、不当な不一致があります。

たとえばイギリスでは、150日に30,000人が死亡し、約2人が新たに死亡​​しており、少なくとも半分は過小評価していると考えています。 一般的に言えば、1,000で割り、15,000を掛ける必要があるため、イタリアでは現在、20,000日にXNUMX〜XNUMX人の感染者がいるはずです。

しかし、なぜその数がはるかに少ないのかは明らかではありません。 これはイタリアの異常です。

私たちが十分にテストしていないか、症例を登録していないか、人々が自分自身をテストして自己報告していないかのいずれかで、間違いなく何か問題があります」とウイルス学者は言います。

「問題は、これらの不一致により、実際にはパンデミックが終わっていないのに、パンデミックが終わったと人々に思わせることです」とクリザンティは指摘します。

ウイルス学者のクリザンティも、グリーンパスの延長を6か月からXNUMX年に拒否します

同じことがグリーンパスにも当てはまります。 「これは別の異常です」と微生物学部門の責任者は言います。「6か月後、感染に関する限り、ワクチンの期間は95%から40%に低下します。

したがって、グリーンパスの有効期間を6か月から1年に延長しても、それについて科学的なことは何もありません」とクリザンティは強調します。

「グリーンパスは、人口にワクチン接種を促す手段であり、実際、私たちは重要なレベルのワクチン接種に達していますが、感染に影響を与えるには、6回以内に24回目のワクチン接種を受けた人々に発行する必要があります。 XNUMX時間後、数ヶ月または綿棒を持っていた人に。

ウイルス学者にとって、「これらの矛盾は、グリーンパスに反対し、抗議の扉を開く人々によって認識されている」と彼は結論付けている。

「監視と検疫は実用的なアプローチではありません

クリザンティによれば、陽性の症例がXNUMXつしかない場合はクラス全体の検疫を回避し、検査で感染を監視することは実用的なアプローチです。

クラスで陽性の場合は、クラスメート全員の分子スワブを行い、XNUMX日後に再度行うのが適切です。

その後、感度の低い抗原検査を開始すると、アプローチの効果が低下しますが、学校の場合、抗原検査でさえ正当化される可能性があるとしましょう。

結論として、パドヴァ大学の分子微生物学部長は次のように強調しています。「スクリーニングを実施する手段があれば、14日または10日の検疫は正当化されないと常に主張してきました」。

7月XNUMX日に更新されたIstitutoSuperiorediSanità、保健教育省および地域の新しい適応症によると、XNUMXつ以上の陽性がある場合、クラス全体の隔離が想定されています。

また、

イタリアのCovid、赤十字の無料綿棒プロジェクトは駅で終了します

サノフィパスツールの研究は、コビッドとインフルエンザワクチンの同時投与の有効性を示しています

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう