緊急車両のサイレンの進化

起源から現代テクノロジーまで、サイレンの歴史をたどる旅

起源と初期進化

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 最初のサイレン for 緊急車両 に遡ります 19世紀 アラーム音が主にベルまたは機械装置によって生成された場合。フランスの電気技師 ギュスターヴ・トルーヴ 1886 年に、電気ボートの静かな到着を知らせる最も初期のサイレンの XNUMX つを開発しました。その間 World War ll、イギリスで使われていました。 空襲の信号。これらの初期のシステムは時々扱いにくく、圧縮空気に依存していたため、車両での使用には実用的ではありませんでした。

サイレンの現代

全体で 20世紀、サイレンは大幅に進化し、から移行しました。 機械システム より現代的に 電子版。最初の電子サイレンが導入されたのは、 1970s突き抜けるサウンドを目指して 注意を集めて安全を確保する 回答者と一般の人々。これらのサイレンは、スピーカー、アンプ、さまざまな状況に対応する音源、および迅速かつ柔軟な管理を可能にするコントロールボックスを組み込んで、ますます洗練されました。 現代のサイレン さまざまなトーンと非常用照明システムを組み合わせて、効果と影響を最大化します。

空気圧式および電子式サイレン

空気圧サイレン 穴の開いた回転ディスク (チョッパー) を使用して空気の流れを遮断し、圧縮空気と希薄化した空気の交互の音を生成します。これらのシステムは大量のエネルギーを消費しますが、圧縮空気を使用することで効率が向上しました。 電子サイレン一方、オシレーター、モジュレーター、アンプなどの回路を使用して選択したトーンを合成し、外部スピーカーから再生します。これらのシステムは機械式サイレンの音を模倣することができ、空気圧式サイレンと組み合わせて使用​​されることがよくあります。

緊急車両照明の進化

サイレンの歴史と並行して、 緊急車両照明も大幅に進化。もともと、緊急車両はフロントまたは屋根に取り付けられた赤色灯を使用していました。第二次世界大戦中のドイツでは、散乱特性により敵機から視認されにくい青色が非常灯の色として導入されました。今日は緊急車両照明 現地の法律に基づいて大きく異なります 効果を高め、視覚と聴覚の両方で警告を発するために、サイレン システムと組み合わせて使用​​されることがよくあります。

ソース

あなたはおそらくそれも好きでしょう