日本では、緊急電話番号119をダイヤルすると、救急車を待っている間に応急処置に関するビデオチュートリアルが表示されます。

日本では、応急処置は市民のための追加ツールの恩恵を受けることができます:救急車を待っている間の蘇生法のビデオチュートリアル

日本では、救急車の場合は119番にダイヤルし、応急処置に関するビデオチュートリアルも入手してください。

緊急サービス番号119をダイヤルして、 救急車 神戸では、心臓マッサージを行う方法や、助けが到着するまで他の応急処置を提供する方法についてのスマートフォンビデオチュートリアルが作成されます。

神戸市消防局は、支援を待っている間、患者をできるだけ落ち着かせる方法を発信者に示すことで、より多くの命を救うことを期待して、XNUMX月にこのシステムを設置しました。

これは「KobeLive119」と呼ばれ、消防局との通常の対話に加えて、発信者の通常の不安を軽減し、チュートリアルを見て間違った有害な操作を回避するだけであれば、非常に良い考えのようです。 。

応急処置トレーニング:緊急博覧会のDMCDINAS医療コンサルタントブースをご覧ください

ビデオは短く(約30秒)、日本での119回の電話からの救急車の平均到着時間は約8分です。

神戸学院大学の学生は、26月XNUMX日にビデオチュートリアルを見て信頼することを含むCPRトレーニング演習に参加しました。

「電話で話すよりも指導が少ないので、こうするほうが簡単だと思います」と、XNUMX年生の木村優香さん。

「この設定では、ビデオチュートリアルが最善を尽くしている間のバックアップとして存在するため、より落ち着いて応急処置を行うことができます」と、市消防局を担当する52歳のサイメンシンジ課長は述べています。コマンド構造。

「人々がこのように私たちと協力して、救われる可能性のある命を救うことに同意してくれることを願っています。」

除細動器、モニタリングディスプレイ、胸骨圧迫装置:緊急博覧会でプロゲッティのブースをご覧ください

また、

溺れる子供たちの応急処置、新しい介入モダリティの提案

COVID-19パンデミック時の職場での応急処置

ソース:

朝日新聞

あなたはおそらくそれも好きでしょう