ムーバリアントは広がりますが、「まだ早すぎて心配できません」

「Muの変種が悪い変種だったとしたら、今までにその兆候が見られたはずです」と英国の微生物学者PaulGriffinは「TheConversation」で説明しています。

「Muの亜種についてはまだ心配する必要はないと思います。

微生物学者であり、英国でいくつかの役職を務める感染症専門医のPaul Griffinは、英国の新聞「The Conversation」でバリアントシーケンスを取り上げています。特に、アジアで急速に普及していると思われる「Muバリアント」に焦点を当てています。 、最近のヨーロッパとアメリカ。

2021年にコロンビアで最初に配列決定され、これまでに少なくとも39か国で報告された、Mu変異株は、世界保健機関によって「関心のある変異株」としてリストされています。

グリフィンは、関心のある変異株は、「より多くの被害を引き起こす可能性を浮き彫りにするウイルスの変化」を記録するものとして定義されていると説明しています。 これまでに特定された他のXNUMXつの対象バリアントは、eta、iota、kappa、およびlambdaです。

「Muには変化または突然変異があります」とGriffinは説明します。これにより、covidに対するワクチンから得た保護を部分的に回避できる可能性があります。

しかし、これについては、微生物学者は説明します。 'データはまだ収集されています。 muがより危険であり、デルタなどの他のバリアントを凌駕し始めているという十分な証拠がある場合は、「懸念のバリアント」ステータスにアップグレードできます。

これまでのところ、懸念されるXNUMXつの変異株は、アルファ、ベータ、ガンマ、デルタです。

WHOは、「最初の証拠は、mu変異体がワクチンを通して得られる抗体を部分的に回避する可能性があることを示唆していると述べています。

ただし、これらのデータは実験室での研究から得られたものであるため、バリアントが実際に母集団でどのように動作するかは正確にはわかりません。

それが人々の間でどのように振る舞うかを確実に知るためには、より多くの研究が必要であり、これに関する研究はまだ進行中です。」

しかし、彼は次のように結論付けています。'muが悪い変種だった場合、すでにその兆候が見られるはずですが、これはまだ起こっていません。

また、

Covid:「イプシロンバリアントに注意してください。免疫された人でも感染のリスクがあります」

「Mu」バリアント、日本で最初に検出されたケース:コロンビアで最初のケース

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう