トヨタは日本で世界初の水素救急車をテストします

水素救急車:日本の赤十字熊本病院とトヨタが世界初の燃料電池電気自動車モバイルクリニックの利用デモンストレーションを開始カーボンニュートラルを達成し、災害対応に貢献するための水素の使用を促進

日本赤十字熊本病院とトヨタ自動車(トヨタ)は、1年夏までに水素を利用した世界初* 2021の燃料電池電気自動車移動式クリニック(FCEV移動式クリニック)の実証試験を開始することで合意しました。

水素救急車:トヨタミライセダンの(水素)燃料電池システムを使用した、トヨタコースターミニバスをベースにした車両がテストされます

組織は、この実証試験を使用して、医療および災害対策の分野での商用燃料電池電気自動車(FCEV)の有効性を確認し、カーボンニュートラルを達成することを目指しています。

また、FCEVモバイルクリニックの運用モデルを構築し、平時や災害時に利用できるようにすることで、CO2排出量の削減に貢献し、地球温暖化の防止に貢献します。

台風や大雨などの自然災害が近年増加しており、住宅や避難所の停電だけでなく、被災地での医療サービスの必要性も高まっています。

これに照らして、トヨタは2020年の夏頃から日本の赤十字熊本病院と協力して、これらの問題にどのように対処できるかを調査してきました。

その結果、両組織は自然災害に関連する問題の解決に貢献することに合意しました。

これは、平時の医療サービスの提供に使用できるFCEVモバイルクリニックで実現できます。また、災害対応の一環として被災地に電力を供給しながら、災害時の災害救援活動をサポートするためにも使用できます。 。

トヨタは、コースターミニバスをベースに、「ミライ」FCEVが採用したトヨタ燃料電池システム※2を動力源とするFCEVモバイルクリニックを開発しました。 路上では、CO2排出や高懸念物質(SoC)のない優れた環境性能を発揮すると同時に、低騒音、低振動の運転体験を提供します。

トヨタによると、長さ7.16メートル、重さ5.5トンの水素救急車は、航続距離が210キロメートル、最高速度が時速100キロです。

車内だけでなく車内外にも100VAC付属の複数の電源コンセントを備えており、さまざまな電気製品に電力を供給することができます。

また、大出力・大容量の電力* 3(最大出力9kW、供給容量約90kWh)を供給する外部DC電源システムを搭載しています。

車内では、空調と排気システム、HEPAフィルター* 4を組み合わせ、作業時の乗員の感染防止を強化しています。

日本赤十字熊本病院とトヨタは、FCEVモバイルクリニックには、従来のモバイルクリニックにはない新しい価値を生み出す能力があると信じています。

それぞれの知識と技術を開発に持ち込みます。 また、FCEVに固有の卓越した環境性能を利用して、医療スタッフと患者の両方のストレスレベルを軽減できるモバイルクリニックの拡張アプリケーションを模索することを目指しています。

実証試験では、医療現場や被災地での車両の電源能力の有効活用を視野に入れ、災害時の安心電源の実現を目指しています。

患者の緊急輸送に加えて、FCEVモバイルクリニックは、献血バスや健康診断車への電力供給、人口の少ない地域への旅行など、ヘルスケア分野で幅広いアプリケーションと開発の可能性を秘めていると彼らは信じています。モバイルクリニック、およびモバイルPCRテスト車両。

また、

日産リーフ、自然災害の結果への電気的応答/ビデオ

英国で最初の電気救急車:ウェストミッドランズ救急車サービスの開始

EMS日本では、日産が東京消防庁に救急車を寄贈

電気救急車:ドイツで発表されたESprinter、メルセデスベンツバンとそのパートナーであるAmbulanz Mobile GmbH&Co。KGOfSchönebeckとの協力の結果

ソース:

トヨタ自動車株式会社

あなたはおそらくそれも好きでしょう