CrowdStrike:中国のハッカーの標的となった日本のCOVID-19ワクチン研究所

攻撃を報告するVaccinoCOVID-19は、コンピューターセキュリティを専門とするアメリカの会社CrowdStrikeです。 XNUMX月、米国、英国、カナダからのロシアに対する告発

コンピュータを専門とする米国企業CrowdStrikeの報告によると、コロナウイルスに対する効果的なワクチンの研究に関与している日本の研究機関のいくつかは、中国起源のサイバー攻撃の影響を受けており、これまでに記録された最初のケ​​ースのようです。セキュリティ。

米国企業は、標的となった機関の名前をまだ明らかにしていないが、「使用された技術に従って、攻撃は中国のハッカーのグループによって行われた」と疑ったと述べた。

COVID-19、CrowdStrikeのディレクターの声明

CrowdStrikeのアジア太平洋地域担当アジア太平洋ディレクターであるScottJarkoff氏は、次のように指摘しています。「Covid-19ワクチンの開発という目標を達成するために、政府主導のスパイ活動が強化されています。

昨年XNUMX月、米国、英国、カナダも、研究センターから情報を盗むことを目的としたスパイ活動でロシア政府を非難しました。

また、同じ月に、米国司法省は、数百の企業、地方自治体、および非政府組織の北京のコンピューターシステムを代表してハッキングしたとして非難されたXNUMX人の中国市民を起訴しました。

神戸大学の森井昌克教授は、次のように述べています。「ハッカーグループはメディアの注目を集めている機密情報を盗む傾向があるため、Covid-19ワクチンに関する情報がサイバー攻撃を受けるのは当然です。

日本政府はサイバーセキュリティの保護とサポートを提供する必要があります。特に、効果的なワクチンが利用可能になるまでにはまだ数か月から数年かかるためです。

この非難の交換は、政治的および経済的レベルで、コロナウイルスに対するワクチンの分野でのリーダーシップがどれほど決定的であるかを示しています。

また、

COVID-19、中国製ワクチン「BBIBP-CorV」は安全:ランセットに関する研究/ PDF

イタリアの記事を読む

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう